MENU

ウッドデッキの寿命と補償

基本的に屋外に設置するものであるため、ウッドデッキは使用条件によって寿命が相当短くなあります。
長年修繕作業を行ってくれたり、補償制度が充実していたりするのか、
業者を選び方は非常に重要と言えます。
良心的な業者を選ぶ事が、ウッドデッキをどれだけ使えるかどうかに影響してくると考えられます。

 

ウッドデッキの寿命は住居そのものよりも短くなることがほとんどです。
平均的な寿命は10年〜20年ほどといわれています。
古くなった木材が割れてしまったり、中で腐敗してぼろぼろになってしまったりと、
場合によっては使用できなくなることがあるのです。
ウッドデッキ専門業者ではアフターサービスとして修繕を行うところもあり、
10年以内に破損した場合は無料で修繕してくれるなど、
業者によって様々な補償制度を用意しています。
設置する場所や使用目的によっては10年以内に破損する可能性もゼロではないので、
万が一のことも考えて、アフターサービスが充実している業者を探しておくようにしましょう。

 

ウッドデッキの寿命についてですが、ウッドデッキ事態の寿命は平均10年以上です。
塗装についてはもっと寿命が短いといわれています。
塗装の塗り替えもアフターサービスの一つとして組み込んでいる業者もありますが、
アフターサービスが充実している企業はそれだけ工事費用も高くなってしまいます。
もっと安くしたいときは、塗装を行わない業者を選んで、
自分で定期的に塗装しなおすことで、よりやすくウッドデッキを設置することができます。